瀬戸英晴の
コラムコーナー

税理士法人 福岡中央会計の所長 瀬戸英晴が
毎月コラムを発信しています。
あなたも下記に登録していただきますと、
コラム掲載画面へ進めます(料金は一切かかりません)。

オンリーワンニュース

  • 登録後、あなたのメール宛てにパスワードが送付されます。
    そのパスワードを入力しますと、コラムをお読みいただけます。
  • あなたの個人情報等は、
    第三者に提示することは絶対にございません。
  • ※の付いているのは、必須入力ですので、よろしくお願いします。
登録フォーム
お名前( 全角(例)田中太郎
メールアドレス( (半角英数字)
住所
(都道府県のみです)(
お得な情報などを
希望されますか(
希望する 希望しない
当社サイトを
知ったのはどこで?

最新のコラム

(令和元年 7月号〜令和元年 9月号は、
 読むためにパスワードが必要です。)

(平成31年 6月号は、読むためにパスワードは不要です。)

上の「登録フオーム」にご登録いただきますと、
パスワードをメールで、すぐお送りいたします。

ご興味のある方に読んでもらいたいので、このようにしています。

ご面倒ですが、よろしくお願いいたします。

●令和元年 9月号 第201:消費税改正直前に思うこと(A4に2頁)←クリック

10月1日から、いよいよ10%消費税率と、はじめての複数税率が導入されます。

テレビニュースでは、太宰府天満宮の参道に店を構える「梅が枝餅」屋さんに、

店内の簡易飲食スペースで飲食するお客さんにどう対応するのか、

インタビューをしていました。

店によって対応は様々なようですが、あるお店は持ち帰りと、

店内飲食の料金を同一にすると答えていました。

店内飲食のお客さんに対する実質値下げで、10%消費税分を捻出するというわけです。

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得してごらんください・・・) 上記↑の登録フォームに記載してください。

すぐに、パスワードがメールで届きます。

ご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。

 

過去のコラム

●令和元年 8月号 第200:消費税改正の緩和措置に思う(A4に2頁)←クリック

10月の消費税率引き上げにともなう経理処理について、

ご質問を受ける機会が増えてきました。

また、激変緩和措置についてのお尋ねも増えています。

老後2,000万円問題が議論される中で、税制による恩恵を被る人と

そうでない人との差についても考えさせられます。

自動車、住宅など高額商品に関しては、

10月増税後は様々な緩和措置が設けられています。

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 
●令和元年 7月号 第199:消費税改正カウントダウン(A4に2頁)←クリック

参院選も与党の過半数維持で終わり、

今年10月からの消費税率10%への引き上げは、

いよいよ避けられないものとなりました。

今回の改正は消費税率の引き上げだけではなく、

食料品などに対する軽減税率の適用が初めて導入されます。

諸外国のなかで複数税率を採用したのち、単一税率に戻ったケースはないので、

我が国も複数税率への後戻りのできない道を踏み出すことになるのだと思います。

さらに重要なことは、仕入税額控除のための方法が、

これまでの「帳簿方式」から「インボイス方式」への転換を

前提とした改正であるということです。

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 

(以下はパスワード不要です
 ただし、10月25日以降は、削除いたしますので、早めにご覧ください。)

●平成31年 6月号 第198:老後資金2000万円問題(A4に2頁)←クリック

金融庁・金融審議会の市場ワーキング・グループの報告書の

2000万円の不足」のくだりが野党の一斉攻撃を受け、

麻生財務大臣は「政府の方針と異なる」として報告書の受け取りを

拒否するという異例の展開になりました。

老後資金に関する実りの多い議論を期待していただけに残念な結末です。

そこで、問題となった報告書を改めて読んでみることにしました。

さぁ 今すぐ お読みください!