瀬戸英晴の
コラムコーナー

税理士法人 福岡中央会計の所長 瀬戸英晴が
毎月コラムを発信しています。
あなたも下記に登録していただきますと、
コラム掲載画面へ進めます(料金は一切かかりません)。

オンリーワンニュース

  • 登録後、あなたのメール宛てにパスワードが送付されます。
    そのパスワードを入力しますと、コラムをお読みいただけます。
  • あなたの個人情報等は、
    第三者に提示することは絶対にございません。
  • ※の付いているのは、必須入力ですので、よろしくお願いします。
登録フォーム
お名前( 全角(例)田中太郎
メールアドレス( (半角英数字)
住所
(都道府県のみです)(
お得な情報などを
希望されますか(
希望する 希望しない
当社サイトを
知ったのはどこで?

最新のコラム

(平成30年11月号〜平成31年1月号は、
 読むためにパスワードが必要です。)

(平成30年 10月号は、読むためにパスワードは不要です。)

上の「登録フオーム」にご登録いただきますと、
パスワードをメールで、すぐお送りいたします。

ご興味のある方に読んでもらいたいので、このようにしています。

ご面倒ですが、よろしくお願いいたします。

●平成31年1月号 第193:遺言書を書いてみる(A4に2頁)←クリック

昨年の民法改正で、自筆証書遺言が使いやすい制度になりました。

今年から改正法が施行されるため、

遺言書を書こうと思い立つ人も増えるのではないでしょうか。

永年相続の仕事に携わるなかで、遺言書さえあれば

トラブルを避けることができたのにと痛感することがあります。

ここで遺言書のメリットについて確認してみましょう。

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得してごらんください・・・) 上記↑の登録フォームに記載してください。

すぐに、パスワードがメールで届きます。

ご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。

 

過去のコラム

●平成30年 12月号 第192:平成31年度税制改正大綱公表される(A4に2頁)←クリック

去る12月14日、与党税制改正大綱が公表されました。

来年10月からの消費税率引き上げに伴う、景気腰折れの防止策として、

自動車税の減税や、住宅ローン減税の拡充が盛り込まれてはいますが、

事前の報道の内容にとどまっています。

まずは、思い切った減税措置がとられた自動車購入住宅ローン関係から概観します。

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 
●平成30年 11月号 第191:新しい相続法にどう取り組むか(A4に2頁)←クリック

来年の1月から相続の法制度が変わります。

今年7月の民法改正に伴うもので、約40年ぶりの大改正と言われています。

改正内容によって、実際の法の施行日が異なるので注意が必要ですが、

ここでは改正ポイントを3つにしぼって、おおまかな説明を加えていきます。

ひとつめは、自筆証書遺言の大幅な制度変更です。

これまで、自筆遺言はすべて手書きで行うこととされていました。

そのため、財産が多岐にわたり、その評価が変動する場合には、

遺言の内容を何度も書き直すという手間がかかりました。

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 

(以下はパスワード不要です
 ただし、2月23日以降は、削除いたしますので、早めにご覧ください。)

●平成30年 10月号 第190:消費税法改正とキャッシュレス化(A4に2頁)←クリック

新しい消費税制度の導入まで、いよいよ1年を残すのみとなりました。

税率の引き上げだけではなく、初めての複数税率の導入のため、

消費や経理の現場で混乱は避けられないと思われます。

2014年に税率が8%に引き上げられた際には、落ち込んだ個人消費が

実施前の水準に近づくまで、4年以上の歳月がかかってしまった

とも言われています。今回はその二の舞を避けようということでしょう、

経済産業省・財務省は現金を使わないキャッシュレス決済を利用した際に

利用者に2%のポイントを還元するという政策を検討中だと報じられています。

ところが、・・・

さぁ 今すぐ お読みください!