福岡市の税理士 税理士法人 福岡中央会計
「相続 調べてビックリ相続税」

税理士法人 福岡中央会計が得意とするところは、
相続 の際の 相続税 対策です。

税理士法人 福岡中央会計では、相続税の相談実施中です。

相続税制改正で不安を抱えておられる方

事業承継も含めてお悩みの経営者の方

どうぞご遠慮なくご連絡ください。

 

相続税対策のために生前贈与を行う。
その順序は?

将来価値の下落する可能性の高い資産は、
生前贈与ではなく相続にもちこんだ方がよいというのが一般論です。

 

ただし特定の誰かに確実に相続させたいという気持ちがある場合は別です。

 

生前贈与でやってはならないことは、
贈与者が居住している不動産(土地)を
将来相続人が居住する予定があるにもかかわらず、
贈与してしまうことです。

 

愛着のある土地だけに早く贈与したいという気持ちは分かるのですが、
相続にもちこんだほうがはるかに低い評価額で税額計算ができるのです。

相続時精算課税制度で
住宅取得資金については優遇される?

住宅購入資金として両親などから資金の贈与を受けた場合、
「相続時精算課税制度」と「住宅取得等資金の非課税制度」という
2つの贈与税の特例制度の適用を受けることが出来ます。

この両方の制度を同時に活用すると、
多額の住宅取得資金を贈与することができます。

 

このうち「相続時精算課税制度」については、
将来相続税の納税義務がない場合であれば、
有効に活用されることが可能でしょう。
しかし相続税の心配を抱えておられる方は、
制度を活用しない方が賢明であると思います。

 

相続時精算課税制度のデメリットが最も顕在化するケースだからです。

 

まずは
相続税の納税義務があるのかどうかについて、
確認をすることからはじめましょう。

 

賃貸物件の土地と建物の所有関係は
どのように調整すればよいのか?

親・子・会社(自社)の所有関係で、所得がどのように流れるのか、
土地評価がどうなるのかが変わってきます。

 

複雑な問題ですので、親・子に登場人物を絞りましょう。

 

親所有の土地に子が賃貸建物を建てます。

土地は使用貸借契約となって、
土地評価は「自用地評価」すなわち高い評価額となります。

 

それでは

親所有の土地に親が賃貸建物を建て、賃貸に供したとしましょう。

この場合土地は「貸家建付地評価」となって、
低めの評価額で済むことになります。

 

では、この親所有の賃貸物件を子に贈与するとどうなるでしょうか。

賃貸物件を借りている「店子」のメンバーが親所有の時と同じであれば、
「貸家建付地評価」、そうでなければ、
複雑な計算にはなりますがより高い評価になってしまいます。

 

土地の評価を低くとどめたまま、賃貸建物を子に贈与したい、

そんなときには同族の賃貸管理会社や専門業者と
サブリース契約を結ぶことを検討してはどうでしょうか。

 

問題は土地の評価ばかりではありません。

賃貸物件を早めに子に引き継ぐことによる、
所得の次世代への移転を早くする効果も考慮に入れて決断すべき問題です。

 

相続税の業務は

ノウハウの有無で結果に歴然とした違いが出てしまいます。

我社は、相続案件の依頼を毎年数多く承っており、
特に相続税の分野を得意としています。

相続税を一度試算してみませんか!?

 

お試し相続税 相談コーナー!

このような方におすすめです。

  • 相続でお悩みの経営者の方
  • 相続税が気になる個人の方


ご相談を受けているところです。

このような事がわかります

■まず、何をしていいかが分かります。

■どのような資料が必要かが分かります。

■お話を伺った範囲で概算評価が分かります。

■節税の選択肢をご提案します。

費用は?

◎時間:1時間30分(90分)

◎費用:5,000円